Natureよりお知らせ

【心理】愛を受け取れない・人を信じられない理由

こんばんは^^

大阪 河内長野リトリーブサイコセラピーと言う心理セラピーを使って
親が重い 何だか生きづらい・・そんなお悩みを解決するお手伝いをしています 心理セラピストの喜多村純子です。

夏の風物詩「24時間テレビ」が終わりましたね。
わたしは特別好きではないですが特別嫌いでもありません。
やっぱり・・・頑張ってる人の姿を見るのって好きなんですよね。。
ええ、きっとこれは投影です(笑)

それはさておき。頑張る(努力)する心について面白い本を読みました。
中野信子さんの努力不要論と言う本です。

なかなか腑に落ちるところが多かったので、また改めて紹介しますね。
今日じゃないのかよーーと言う突っ込み募集(笑)

 

さて。HPってご存知ですか?
SEOと言いましてどんな言葉で検索されてお客さんが来てくれたのか?を調べることが出来るんです!!
そのキーワードを調べると、どんなお客さんがNatureのセッションを求めて下さっているか?が分かる訳ですが・・・
わたしのHPの検索キーワードのナンバーワンはズバリ!親が重いなんです(笑)

やはり潜在意識やら無意識って面白いですね・・・・・
何を隠そう、私自身がずっと親が重くて苦しんできた張本人なので
親が重いと苦しんでいる方たちが、次に私のセッションを求めて下さるというのが
なんだか不思議だなぁと思ったりしています。

さて。この親が重いというお悩み・・・・決して珍しいものではないでしょう。
毒親と言う言葉がはやったように、、親との関係への悩みは古今東西尽きることがありません。

でも私自身は、この毒親と言う表現が実は好きではないんです。

「私の親は毒親だから」って言ってしまう人達の多くは「毒親だから仕方ない」って
親を諦める方へ自分の気持ちを持っていきがちですが・・・
その生き方は決して本当の意味で自分を幸せにすることにはならないことを痛感しているからです。

親を求めても求めても・・・愛してもらえなかった絶望を
もう二度と感じたくない、だから諦めた

私の親は毒親だからと言って親に背を向けている人達は
そうやって背中を向けていなければ耐えられないほど
悲しみと寂しさで心の中がいっぱいになっているんです。

本当は大好きな人を諦めないといけないほどつらいことはありません。
愛して欲しいという気持ちを諦めないといけないほどの絶望は他にありません。

人にとって一番辛く悲しいことは
愛している人に愛されない事です
わたしはそう思っています。。

だから、親に愛されなかったと感じてきた人たちは
あの悲しみをもう二度と味わいたくないから諦める事にしたんです。

毒親だから
変な人たちだから
わけわからん人だから

そうやって親を否定することで自分の傷ついた心を守って生きてきたんです。

もちろんそれで守られてきた時代もあったでしょう。。
親と共に生きなければならない子供時代は特にそうでしょう。

でも、大人になったらどうでしょうか?
好きな人が出来たらどうでしょうか?
可愛い子供が出来たらどうでしょうか?

大切な人を否定することが生き方になってしまっていたら・・・・・
幸せな未来って作っていけるでしょうか。

そう・・・・・あなたにも心当たりがありますよね。。

例えパートナーが貴方を愛してくれても
例え子供が無条件の愛を注いでくれても
あなたは決してその愛を受け取ることが出来なくなってしまうのです。

なぜなら、、愛を受け取らないことが自分の生き方になってしまっているから。。
受け取って傷つくことが怖くて受け取ることが出来なくなってしまっているからです。

親が貴方を愛してくれなかったことは辛かったでしょう。。
耐えられないほどに悲しくて寂しくて辛かったでしょう。。

でも、だからと言ってあなたのその人生を寂しさで埋めてしまう必要はないんです。
そして、親との関係だけで世界を作っていく必要もないんです。

世界は自分の意識が作っています。
どんな意識で世界を見ているか・・・・
それによって世界は温かくも冷たくもなります。

温かい世界は自分の意識を変えていくことで作っていくことが出来るんです。

わたしは心理セラピーを受けてきたおかげで
旦那さんの優しさを嬉しいなぁって
愛されているんだなぁって受け取ることが出来るようになりました。
世界は温かいんだなぁって知ることが出来ました。

きっとあなたも・・・そんな世界を手に入れることが出来るはずです。
ぜひ、あなたの人生を温かさに導くお手伝いをさせてくださいね。

 

この記事が良かったら
良いね!して最新記事をチェックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

社)リトリーブサイコセラピー協会 公認心理セラピスト
大阪 河内長野でリトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、 生きづらさを解決するお手伝いをしています 心理セラピストの喜多村純子です。 何だか理由が分からないけど生きづらい ちゃんと育ててもらったはずなのにどうして? そんな気持ちから心理の世界に入ってそろそろ10年。 気付いたら夫婦関係も 子供との関係も両親との関係も 職場の人間関係もどんどん良くなり どこにいても私は私でいられる安心感を 感じられるようになりました。 人生はいつからでも変えられる その気持ちを信念にいつも精一杯クライアント様の 人生に寄り添いセッションさせて頂いています。