Natureよりお知らせ

問題解決のために親子関係と向き合う理由

リトリーブサイコセラピーをはじめ、多くの心理療法では「親子関係と向き合いましょう」と言われます。

今の問題・悩みの原因にはそもそもの幼少期の親子関係が原因になっているため、その根本原因から解消することで現在の問題を解決させてゆくためです。

それは例えば

親の言うとおりに良い子でいる為に自分の気持ちを殺して生きてきた
支配的な親に逆らうと居場所がなくなるからずっと我慢してごみ箱役をしてきた
可哀想なお母さんを助ける為に自分の気持ちは後回しにして生きてきた

などなどといった背景です。

当然、その過程では強烈な怒りが出てくることもあります。

子供は感じないふりをしていても心の底の本音の部分では
親のずるさや弱さ、子供を利用して自分が安心しようとしていることを
肌で感じ取っているものです。

もちろんそれは、、必死でかくして感じないようにしているので
幼少期の子供はそんなことを感じている事は少ないでしょう。

ですが・・・子供と言ってもちゃんと頭も働いていますし
大人が思っている以上に子供って色んなことを見て感じて考えています。
だから・・・本当は気づいていた!と言う事が多いのです。

セラピーの中で「本当は私、お母さんのずるいところ知ってた!!」と
気付き叫ぶクライアントさんが多いのはそうした理由です。

しかし。大事なのはそのずるさを知って自分の怒りを表現した・・・そのあとです。

そこからは大人の今の自分が再決断していかなければなりません。
親のずるさに気づかないふりをして感じないふりをして
支配を飲み込み、ごみ箱役をしてきた自分に気づいて
親への怒りを感じたら・・・

でも、その生き方をしていなければ自分は生きて来れなかった
だから、この生き方を選んだのは自分なのだ

と納得しなければいけないんです。

それは、決して惨めな事でも情けない事でもありません。
自分の生き方を認めるという事は
自分の人生を認めるという事です。

自分の人生を認めるということは
自分のありのままを認めるということです。

この瞬間がなければ・・・
いくら、親への怒りや悲しみを開放しても
自分の人生を生きる為のステージには立てないのです。

良いじゃないですか、、
親に依存して生きてきた過去があったって。
だってそうしていたから貴方は今、ここに生きていられるのだから。

過去の自分の生き方を否定して
見ないふりすることは
自己否定の強化になるだけです。

だから、褒めてあげましょう。
よく頑張って今まで生きてきたね!って。
生きてきたことをほめて労わってあげましょう。

でも、そのうえで・・・
この生き方、それが苦しかったねって。
こんな生き方嫌だったよねって。

それは親への怒りをぶつけることではないんです。
怒りをぶつけ続けているうちは
親への執着を手放せていない状態です。
自分の人生を恨みと怒りで動かしてしまっている状態です。

それでは、、、
自分の人生をリスタートすることはできません。

親への強い怒りや恨みは大きなエネルギーになります。
私も経験があるので、とてもとてもよくわかります。

あんな親にならない!
親を見返してやりたい!
親に後悔させてやりたい!
親に謝らせてやりたい!!

書くだけでもほら、、力が湧いてきそうな言葉の数々です。
でもね、、、これをし続ける為には自分の人生を止めていないといけないんです。

幸せにならないように
不幸でい続けるように
被害者で可哀想な自分でい続けるように
自分をとどめ続けていないといけなくなるんです。

怒りや恨みを生きる原動力にしてきた人は
親への恨みをなかなか手放すことが出来ません。

それは、、恨みと怒りの下には本当は悲しい絶望が隠れているからです。

強い力で絶望に蓋をして
怒りで生きるエネルギーを得ながら
生きているから親への恨みを手放せないのです。

そうしたクライアントさんは沢山います。

何度も言いますが、私もそうした時期を経てきたからよくわかります。
だからこそ、ここを抜ける苦しさもとてもよくわかります。

でも、決めるのは自分なんです。
どうやって生きたい?
この先、10年後、20年後・・・
ずっと今のまま親を恨みながら憎みながら
自分を可哀想って嘆きながら生き続けたい??

必死で自分に問いながら答えを出すしかありません。
そこは、、セラピストといえど助けられないんです。

でもね、、ここを抜けて本当に自分を幸せにしてあげようって
絶望と悲しみを乗り越えた人たちは
みんな、幸せに生きられるようになっています。

だから、諦めないで自分の人生を一生懸命向き合って
逃げずに乗り越えて欲しいなと思います。

苦しみを受け入れて自分の人生を変えたい
親へのうらみや怒りを手放して自分を幸せにしたい

そう思った方はぜひお手伝いさせてくださいね。
全力で問題解決に向けてサポートさせて頂きます!!
安心してお申込みくださいね!


申し込み規約を読んで申し込む

詳細は上記バナーをクリックしてくださいね

この記事が良かったら
良いね!して最新記事をチェックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

社)リトリーブサイコセラピー協会 公認心理セラピスト
大阪 河内長野でリトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、 生きづらさを解決するお手伝いをしています 心理セラピストの喜多村純子です。 何だか理由が分からないけど生きづらい ちゃんと育ててもらったはずなのにどうして? そんな気持ちから心理の世界に入ってそろそろ10年。 気付いたら夫婦関係も 子供との関係も両親との関係も 職場の人間関係もどんどん良くなり どこにいても私は私でいられる安心感を 感じられるようになりました。 人生はいつからでも変えられる その気持ちを信念にいつも精一杯クライアント様の 人生に寄り添いセッションさせて頂いています。