Natureよりお知らせ

自分を生きようとする姿は美しい

こんにちは。
大坂の心理セラピスト 喜多村純子です。


先週末から大阪でリトリーブサイコセラピー応用実践コースが始まり、
私もアシスタントとして参加させて頂きました。


この応用実践コースは基礎コースを卒業された方だけが参加出来るコースなんですが
大坂では年に一度の開催となっていて、とても、、とても貴重な講座になっています。
※現在は東京・大阪にて来年から始まる同基礎コースの募集を開始しています!←詳しくはこちらから!


主にリトリーブサイコセラピーの基礎コースでは受講生さん達は
自分の生きづらさを生み出すトラウマを『知る』と言うステージと向き合うんですね。

言いたいことが言えなかったのは
言ったら拒絶されてきたから
拒絶されて居場所がなくなる
怖さがあるから言えなかったんだ・・・
自分を表現できなかったんだ!!

と言う生きづらさに紐づけられた恐怖の理由を知っていきます。

そして、この応用コースでは、そのうえで『どう生きたい?』と言う
人生の次のステージに向かうために自分の課題と向き合っていきます。
講座の中で自分を育てなおしをしてゆくんですね。だからその変化は本当にダイナミックです。

講座の中では毎回、オープンセッションが行われるのですが、これがまた良いのです。
人が受けているセッションを見ているだけでも、、心がざわざわしたり涙が出たり・・・と
見ている人の中にも気づきがたくさん起こるからです。受けて気づき、見て気づくわけです。

そんな中、今回、講座の中で行われるオープンセッションを見た時に
ある受講生さんがこう言ってくれたんですね・・・

人が感情を表現する姿って美しいんですね』と。

そう、感情を表現するって本当は美しいものなんです。

仲間が自分を生きたいと葛藤する姿を応援していると
見ている自分の中にも良い投影が起こり、自分の中に活力が生まれます。
私も自分を生きたい・・・!と言う気持ちです。

これから5か月講座が続きますが初日から表情が変わった人もいて
ほんとに私も感動と興奮でいっぱいです。一生懸命サポートしていこうと思います!

個人セッションのお申し込み受付中

ただいま、11月~12月の個人セッションの予約を受け付け中です。
こちらの予定表からご確認の上お申し込みください。

リトリーブ最古セラピー基礎コースのご案内

リトリーブサイコセラピーの基礎コースは、心理を学びながら、傷ついた愛着障害・トラウマを癒す方法や問題解決方法までを同時に学べる講座となっています。

  • 私の生き辛さはどこから来たのか
  • どうしたら解決していけるのか
  • 子供のとの関わり方を変えるにはどうしたら良いのか
  • 親との関わり方を変えるにはどうしたら良いのか

    など、様々な悩みを解決していく為の方法を基礎から学べる講座となっています。

講座の中では座学に加え、何度もセッションを受けられる時間も設けられているため、実際に感覚がどんどん変化して卒業の頃には表情がガラリと変わる方も大勢いらっしゃいます。

何より、大鶴和江さん(カズ姐さん)のセッションは人気すぎて、今や・・・我々元受講生でもなかなか受けられないという状況です。一般ではもう受付していないですしね。

でも。

講座の中ではカズ姐さんのセッションを受けられるんです!!
いよいよ来年度から始まる基礎コースの募集を開始しました!!
今回はドドーンと東京・大阪同時開催募集です!!
ぜひこの機会に人生を変えるスペシャル講座に貴方も来て下さいね。

1月開講 東京基礎土日コース

  • 1月30日(土)・31日(日)
  • 2月27日(土)・28日(日)
  • 4月3日(土)・4日(日)

2月開講 大坂基礎コース

  • 2月6日(土)・7日(日)
  • 3月20日(土)・21日(日)
  • 4月10日(土)・11日(日)

バナーまたは上記リンクをクリックして詳細をご確認ください。

この記事が良かったら
良いね!して最新記事をチェックしてください

ABOUT US

社)リトリーブサイコセラピー協会 公認心理セラピスト
大阪 河内長野でリトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、 生きづらさを解決するお手伝いをしています 心理セラピストの喜多村純子です。 何だか理由が分からないけど生きづらい ちゃんと育ててもらったはずなのにどうして? そんな気持ちから心理の世界に入ってそろそろ10年。 気付いたら夫婦関係も 子供との関係も両親との関係も 職場の人間関係もどんどん良くなり どこにいても私は私でいられる安心感を 感じられるようになりました。 人生はいつからでも変えられる その気持ちを信念にいつも精一杯クライアント様の 人生に寄り添いセッションさせて頂いています。