~~メルマガの登録はこちらから~~

心理セラピーとカウンセリングって何が違うの?

大阪 河内長野でリトリーブサイコセラピー®と言う心理療法を使って
自分の中に安心感を育て 人生を幸せに変えていく
お手伝いをしています心理セラピスト喜多村純子です。

心理セラピーと心理カウンセリングの違い

時々

理セラピーとカウンセリングの違いって何ですか?
セラピーを受けた方が良いのかカウンセリングを受けた方が良いのか迷っています

と言うお声を頂きますので、今日はそのご質問お答えしていきたいと思います。

まず。心理カウンセリングとはお話を聞く事をベースにしているもので、いわゆる傾聴と言われるものです。

ずっとひとりで抱えてきた悩みや苦しみは、誰かに聞いてもらえるだけでもホッとしますよね。
実際、リトリーブサイコセラピー協会の電話カウンセリングでも
「聞いてもらえてホッとしました」と言うお声も多く寄せられています。

そう。それぐらい聞いてもらうだけでも人は癒されホッとするものですが

リトリーブの心理カウンセリングは傾聴するだけのカウンセリングではなく
問題の根本原因までを突き止めながら、さらに一歩踏み込んで
なぜ、その問題や悩みを持つに至ったのか?
持っている理由(二次利得)に気付いていけるように
カウンセリングを進めていきます。

人が感じている問題や悩みにはそれを持つ利得があり(※二次利得と言います)
その二次利得に気付いていくことが問題解決するための大きなポイントになるからです。

悩みの渦中にある時、人は自分が無意識にその状況を選んでいるとはなかなか気付けません。
困っている現状を自分が選んでいるなんて想像もつかないからです。。

ですが、その視点で自分の行動や状況をちゃんと見ることが出来ると
問題に対する自分の見方が変化していくのです。

本当は言いたいことを言えるようになりたいし
自分の考えをちゃんと表現してみたいし
人と仲良くなってみたいと思っているけど

人に嫌われることが怖いからいつも我慢ばかりしているんだな
人に否定されることが怖いから自分の考えを表現しないんだな
人に攻撃されるのが怖いから自分の殻に閉じこもってしまうんだな

それをしない理由(恐怖)が自分の中にあるからなんだと理解できると
そこから先にどうしよう?と視点を動かしていけるようになるんですね。

もちろん、そこにある恐怖は心理セラピーで扱う必要がありますが
(カウンセリングだけでは恐怖の開放まではなかなか難しいのです)

解決していく道しるべが見えると希望が見えてくる・・
そこまでをリトリーブサイコセラピーのカウンセリングでは行っています。

貴方の問題はちゃんと解決していけるよと言う所に気付いてもらう所までが
心理カウンセリングで行っている範囲です。

なお、初めて心理セラピーを受けられる方には、必ずこの心理カウンセリングを行っていますので
心理セラピーを受けられる方の場合は別途でお申し込み頂く必要はありません。

以上が心理カウンセリングについての説明になります。

トラ猫♀
心理セラピーとカウンセリングの違いが分かったかニャー?

リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリング

・どこに相談して良いか分からない
・このぐらいのことで相談するほどでもない

そんな風に自分の悩みを小さく扱って我慢していませんか?
専門のトレーニングを受けたカウンセラーが
あなたのお悩みの相談をお受けしています。
とてもリーズナブルな価格で受けて頂けますので
お気軽にご利用・ご相談くださいね。

お申し込みはこちらから

この記事が良かったら
良いね!して最新記事をチェックしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

社)リトリーブサイコセラピー協会 公認心理セラピスト
大阪 河内長野でリトリーブサイコセラピーという心理療法を使って、 生きづらさを解決するお手伝いをしています 心理セラピストの喜多村純子です。 何だか理由が分からないけど生きづらい ちゃんと育ててもらったはずなのにどうして? そんな気持ちから心理の世界に入ってそろそろ10年。 気付いたら夫婦関係も 子供との関係も両親との関係も 職場の人間関係もどんどん良くなり どこにいても私は私でいられる安心感を 感じられるようになりました。 人生はいつからでも変えられる その気持ちを信念にいつも精一杯クライアント様の 人生に寄り添いセッションさせて頂いています。